ヘッダー

2012年 9月

みなさんこんにちは(*^^)v

 

最近は朝と夜は涼しくなってきましたね♪

 

ただ昼間は凄くまだ暑く、この温度差で体調を崩してしまうケースが多いので

 

十分体に注意してくださいね(^_-)-☆

 

さて、本題に戻りますが脳梗塞ってみなさんしっていますか?

 

脳梗塞とは、一例で太い血管の所で血液が固まり


それが欠片になって体を動かしている時にその欠片が飛んでしまい


頭の細い血管に詰まってしまうことです。

 

そうすると、意識が無くなってしまったり、手がしびれてしまうなど

 

いろいろな症状が出てきてしまいます。

 

最悪のケースだと死にいたる事も多々あります。

 

そんなのなりたくないですよね!

 

予防するには、まず血液を綺麗にしてサラサラにすることです。

 

それは食生活がすごく大事になってくるので、納豆をたべるこや野菜を食べること

 

簡単にいうと肉ばっかりとか、かたよった食生活をせず

 

好き嫌いしないでちゃんといろいろ食べることですね^^

 

もう一つは血の流れをよくすることです。

 

ここでは体を軸(背骨)を整えることにより、血管の負担(圧迫)を減らすことができます。


これは脳梗塞にならないためにかなり重要な事なので心配の方は是非施術しにきてください(>_<)

こんにちわ~

 

先週釣りに行った舟坂です(´∀`)

 

結果は何とか五匹釣ることができました。小さかったですが、、、

 

そして竿をずっと持っていたので腕がパンパンになりました(´Д` )

 

慣れないことはするものではないですね、、、

 

慣れていても普段の日常生活において同じことの繰り返しにより腕を痛めることももちろんあり

 

その代表的なものに外側上顆炎かがあります。

 

これは重い荷物を持つ方や主婦の方に多い症状で一度なってしまうと治るまで時間が掛かってしまいます

 

でも早く治したい!!と思う方も多いはずです。そんな方には当院のハイボルテージ治療がオススメです。

 

なにをするにも痛いと思いますが、このハイボルテージ治療を行うと痛みが取れるのが早く痛くなる前の状態に

 

なります。

 

また治療でなくとも日常生活でどうしたらいいのかこちらでアドバイスもできるので、

 

悩まれている方はお気軽にご連絡ください。

 

それではまた~良い休日をおくってくださいね~(^O^)

突然ですが、皆さんは『鍼灸』に対して、どんなイメージを持っていますか?

 

私は恥ずかしながら『おじいちゃん・おばあちゃんがやる治療法』と思っていました・・・(^_^;)苦笑。

 

ひだかに入ってビックリ(°д°)

 

意外と若い方・学生も治療を受けている!!!

 

最近では、小学生と幼稚園生のご兄弟が鍼の治療を受けています。

 

この兄弟は喘息がひどくて、ご両親がとても悩んでいました。

 

お友達さんに相談したところ、小児鍼治療も行っているひだか接骨院を紹介!!

 

お友達さんのお子さんも喘息を患っていて、以前ひだか接骨院で小児鍼を受けたところ治った!とのことヽ(´▽`)/

 

『注射で怖がっているから鍼なんて・・・。』と思っている方は多いはず!

 

この小児鍼治療は刺すタイプのハリは一切使わず、撫でたり・擦ったりするタイプなのでとても安心(*゚▽゚*)


生後3ヶ月~12歳までのお子さんが対象です。


喘息の他にも夜泣き・おねしょ・アトピー性皮膚炎や走り回ったりして落ち着きがない子にも効果があります!!


お子さんにこういった症状を持っていて、お悩みの親御さん!

 

一度、ご相談されてはいかがでしょうか(・ω・)??

 

この兄弟はまだ通院はしていますが、少しずつ治ってきていますよ(^O^)

 

元々、元気いっぱいの男の子たちなので、さらに元気になっていき少し困っているくらいです(^_^;)

 

 

朝、晩少し寒さを感じるようになって来ましたね。

よく言われる「季節の変わり目」ですね。

 

「暑さ、寒さも彼岸まで」という言葉通り、お彼岸が過ぎると何だか季節が変わって行く様が体で感じてきます。

 

基本的に朝起きたときに首に痛みがでて、動かすのがきつい症状を寝違えと呼びます。


最近接骨院の患者様でもその症状を訴えて来院される方が増えています。


ところが症状は同じなのに夕方から痛くて首が回らないという方もよく見られます。

 

これは気温の寒暖差と日頃の疲れ、睡眠不足により免疫力低下から引き起こされる症状です。

 

体の疲労感が強くなれば楽をしようとして姿勢が悪くなります。


悪くなった姿勢は背骨~骨盤の歪みが発生します。


その歪みが起きればその骨にくっついている筋肉は硬くなったりしこりになったりして血流が悪くなります。


さらにその疲労感は免疫力低下を引き起こし、さらに血流が悪くなります。


今この時期に忙しい人、無理をされる方はご自分の体を見直してほしいです。


この寝違え症状の予防は日頃から自分の体を大事にし、手入れするしかありません。

 

早めの来院お待ちしてます

 

5のつく日は何の日?

 

5のつく日はひだかファミリーが実施している

 

交通事故予防デーなんです

 

最近、交通事故で治療に来てくださる方が非常に多いんです。

 

ここ4日間で5人ですよ!

 

今日は交通事故の後遺症について書いていきます。

 

交通事故で多いのが


「むち打ち」です。


このむち打ちですが、しっかりと治療をしないと非常に怖いんです。


むち打ち症状の中に、頭痛・吐気・めまい、そのほかにパニック障害などの精神的な疾患、


いわゆる「心」に起因する症状も多く存在します。

 

つまり、後遺症は、痛みやだるさだけに限らず、精神疾患の後遺障害に陥ることもあるのです。

 

 

 

「PTSD」心的外傷性後ストレス障害

 

 

聞いたことがある方もいると思います。

 

このPTSDは事故の衝撃や、怖さ、その後の痛みやだるさ等の苦痛が引き金になります。


なかでも頸の捻挫が大きく関わっているようです。


症状はさまざま。


抑うつ・記憶知能障害・不安な状態・意欲の低下・幻覚など…

 

本当に怖いです。

 

では、このような精神的後遺症に陥ってしまうのを少しでも防ぐためにどうすればよいか?

 

交通事故後に適切な処置を受けること!

 

つまり、交通事故についての知識が豊富な院を選ぶことです。

 

当院は、交通事故専門院に認定されていますので、お近くに、大切なお体を

 

預けられるところがなければ、当院にご相談ください。

 

交通事故は本当に怖いんです。

 

 

 

 

 

ひだか接骨院


愛知県江南市飛高町門野
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ