ヘッダー

2014年 1月

こんにちは 駅伝部監督の広瀬です。

 

来る2月9日、ひだか接骨院は、江南市民駅伝に参加します。

 

 

目標は6位入賞!!

 

 

普段、太陽をほとんど浴びない白い服を着たおっさん達が、

 

皆さんに感動をあたえることができればと思っています。

 

とは言っても、2週間を切りましたがまったく練習してない現状……。

 

 

しかし、ひだか接骨院には秘策がっ!

『インソール』です!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インソールとは、靴に入れる中敷き(インソール)を、一人ひとりオーダーメイドで作製し、足元からからだ全体の動きをコントロールしてバランスを改善するもの

足の痛みや、腰の痛みなどには勿論、着地を安定させたり、蹴り出しを強くすることが期待できます。

 

……ってことは、練習中のケガ防止や、負荷軽減、スピードアップ!

 

……ってことは、6位入賞も夢ではない!??

 

入賞の方程式の完成しています。

 



2月9日、乞うご期待!!

 

応援メッセージお待ちしております。

 

 

 

インソールについてのご質問は

ひだか接骨院 江南 ちっさいおっさん広瀬まで  TEL 0587-54-6622

こんにちわ、もうすぐプロ野球もキャンプインですね!!

 

いよいよプロ野球が始まるなといまからわくわくしていている鈴木です。

 

さて今日は花粉症の予測についてお話します

 

花粉飛散量は昨年に比べ全国平均で1割程度増える予測です。

 

二月から徐々に増えていくので、マスク、うがい、手洗いを徹底し早めの対策が必要ですね

 

一般的に良く晴れている暑い夏ほど植物の光合成が盛んになり雄花の生産量が多くなると言うことから

 

前年の夏の天候に左右されると言われています

 

2013年は全国的に暑い日が続き、雄花の生育にかなり適していたと言えるので

 

今年の春はかなりの飛散が予想されます

 

スギ、ヒノキ林の活性化もかなりの量ですし、


特に東海地方から西日本では昨年の飛散量の2割増とされているので全国平均をかなり上回っています。

 

毎年毎年悩んでいる方、今年新たに出てきた方どんな方でも

 

花粉症の鍼灸治療を体験してみてください。


体質が変わるので来年はすっきり過ごせますよ

 

 

ご相談、ご質問は鍼灸師 伊神までお願いします

 

花粉症治療と言えば  ひだか接骨院0587-54-6622

こんにちは!

 

今日は比較的日光が気持ちいい!

どうも、ひだか接骨院鍼灸師の伊神です。

 

 

上にも書きましたが今日は日が照っててしかも風がないため

最近の中では過ごしやすいです!

 

僕も昼休みにドライブに出かけちゃうくらいです^^

 

 

さて最近、お体の痛みなどとは別に気になる症状を訴える方が増えています。

それはタイトルにもありますが

なかなかせきが止まらないと言うものです。

 

1~2週間から長い人だと1ヶ月くらい!

 

せきはいろいろな理由で出てきます。

これからは花粉症、ハウスダスト、気管支炎・・・などなど

 

 

ただ、「せきがとまらない」という症状でどこの病院に行けばいいのかわからん!

と言うかた、多いと思います。そんな方は呼吸器科がお勧めです!

 

上で言うような症状の場合気管支などに問題がある場合が多いです。

熱が出ていないようなら呼吸器科まで行ってみてください!

 

 

自宅ケアとしては

せきが続くと喉が乾燥してしまいます。

なるべく暖かい飲み物を飲むようにしてください

冷たいと気管が収縮してしまうため逆効果です。気をつけましょう。

 

こんにちわ、最近本当に切実に体重増加が著しく伊神先生に馬鹿にされている鈴木です

 

体重が増えてくると身体も自然とサインを出してきて、いつものような生活サイクルなのに疲労度が強かったり、どこかに痛みが出やすかったりします。

 

そして人間の治癒力、免疫力も下げてしまう傾向があるのです。

 

 

そして人間の身体を支えている骨盤。

 

ここにも異常をきたしてきます。

 

初期は自覚症状もなくなんとなく過ぎていきますが、ゆがむ癖が強くなればどこかに痛みという自覚症状が出てきます


肩、腰、膝をはじめ色んな場所に警報というサインが出てきます。


 

運動不足も怖い要素ですね。

 

運動不足になれば筋力も低下し、そして代謝も低くなり痛みが出やすい環境になってしまいます。

 

僕もウォーキングを始めようかなと考えています。

 

 

骨盤のゆがみが心配な方は下記の二つの検査をやってみてください

 

1・・・・壁にもたれてもらい、頭、肩甲骨、かかとがすべてつくか?つかない場合は

前後方向にゆがみがある可能性があります



2・・・・全身の力を抜き仰向けになる、そしてかかととつま先の角度を見る。

ゆがみが無ければ均等な角度になりますが、ある場合はどちらかの足の開きが強かったりします。


 

かんたんですよね?

 

 

ゆがみがある場合は今症状が出ていなくても早めにご相談ください。

 

大事になる前に予防していきましょう

 

 

骨盤矯正といえば  ひだか接骨院   江南本院   0587-54-6622

こんばんわ、昼休みを使い色々な施設やお宅に訪問し往診リハビリマッサージ業務をしている鈴木です。

 

あんま・マッサージ・指圧師という国家資格があれば行える仕事になります。

 

簡単に言うと対象になる方は

1、寝たきりの人

2、歩行が困難な人

 

この二つのパターンだけです。それ以外の方は接骨院に来てもらって治療をさせて頂いています。

 

この往診業務はドクターの同意書をもらえれば、健康保険が使えます。

 

脳梗塞、パーキンソン病、老化による歩行困難、転倒による骨折後後遺症などいろいろな方が見えます。

 

はじめは色々な施設に営業に行き、知ってもらう活動をしていました。

 

最近は仲良くなったケアマネージャーさんからお仕事の依頼がありいまでは15名ほどいらっしゃいます。

 

僕の思いとしては少しでも生活の質を高めること。


人としての生活を少しでもして欲しいですし何より毎日笑顔で過ごして欲しいという強い思いで仕事をさせてもらっています。


中には難病にかかってしまい、しゃべることも手を動かすこともできない方もいらっしゃいます。

 

その方には僕はいつも笑わせて上げます。治療はもちろんのこと笑うことで生きる力にして欲しい、そして少しでもその人の力になりたい

 

そんな熱い思いを常に抱いています。

 

東洋医学の言葉で  


病は気からという言葉ありますよね?

 

気持ちしだいでいかようにも変わってくると言うことで泣いているより笑うこと

 

怒っているより笑うこと

 

寂しい顔より笑顔になること

 

そのほうが病気も良くなります。

 

実際にそういう心がけに変わった人は身体もかなり変化します。

 

人間って不思議ですね?

 

 

でも接骨院に来る患者様もそうですが、必ず何かのご縁で出会いがありお体を触らせてもらっているといつも思います

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本当にいつもありがとうございます

 

 

往診リハビリマッサージについては ひだか接骨院   江南本院    0587-54-6622   鈴木まで