ヘッダー

自律神経の記事

こんにちは

ひだか接骨院江南本院の鍼灸師、伊神です。

 

 

続けて自律神経の乱れの話を取り上げさせていただいておりますが

そもそも一番自律神経が乱れてしまう要因として言われているのが過度なストレスと生活リズムの乱れなのです。

 

 

 

現代社会はストレス社会と言われるくらいですから

常にそういった負担が続くと身体は悲鳴をあげてしまいます。

 

 

 

なので

そういった自律神経の乱れを整える上で日常生活で気を付けることができる良いことを紹介します!

 

 

・食事

一日3食できるだけ決まった時間に摂ることです。

生活リズムにメリハリをつけることはとても良いです!

 

・ストレス解消法

自分で自分自身のストレス解消の方法が分かっているとこれに越したことはないです!

ただなかなか自分ではよくわからない!といった方のためにこんな標語があります!

STRESS

 

S:SPORTS(運動)

程よい運動で適度に身体を動かす習慣を持ちましょう!

 

T:TRAVEL(旅行)

旅行とありますが家の近くの散歩でもOK!気分転換できますよ!

 

R:Recreation(レクリエーション)

一人で好きなことをしたり、みんなで楽しく過ごしたり息抜きする時間を大切に!

 

E:Eating(食事)

タンパク質、ビタミンC、ビタミンB1、カルシウムはストレスに強くなる栄養素です。

 

S:Sleep(睡眠)

睡眠をとることで疲れた脳を休ませます!

 

S:Smile(笑顔)

笑うと身体の免疫力も上がるんです!心も軽くなります!

 

 

自分に合った方法で身体も心も休めてあげられるといいですね!

 

自宅での身体のケア当院での自律神経を整える鍼灸でのアプローチ

これを組み合わせればより早く楽に生活を送れるようになりますよ!

こんにちは!

ひだか接骨院江南本院の鍼灸師、伊神です。

 

 

先日も書きましたが

今、自律神経からくる冷え性が増えています!

 

 

そんなタイプの冷え性をお持ちの患者さんが

冷えを改善したいということで鍼灸治療を受けられました。

 

 

その方も数年前から急に冷えが気になるようになり

 

温めようとしてもすぐに冷えてしまう、

冷えから下半身がだるくなってしまう。

というのがご本人の気になる症状だったのですが

 

話を聞いていくと

寝て起きてすっきりしないことやよく便秘や下痢を繰り返してしまう

といった自律神経の乱れからくる症状をお持ちだったのです!

 

 

そこで今、当院で行っている自律神経調整に特化した

鍼灸コースを受けていただきました。

 

 

 

自律神経の安定とは

自律神経の中にある交感神経と副交感神経の2種類の神経のバランスを整えることです。

 

この二つの神経がバランスよく働いてくれている状態こそが身体が正しく機能している状態なのです!

 

それがストレスなどが要因で交感神経ばかり機能してしまったりするとそのままバランスは崩れ去ってしまいます・・・

 

 

当院では前にも紹介しましたが調整することに特化したメニューとして

経穴(ツボ)を使った鍼でのアプローチと特殊なお灸で身体の広範囲を温めて

リラックスと身体の循環を上げて自律神経を安定させていきます!

 

 

受けられた患者さんも初めての鍼灸治療で緊張していましたが

終わった後は身体がぽかぽかする。足が全体的に軽い。と

言って下さり変化を感じていただけました!

 

 

 

こういった症状に関しては1回で完全に治るわけではありません。

体質を変えていく治療になるので定期的に続けていく必要があります。

 

 

今回受けていただいた患者さんも

今は一週間に一回のペースでは鍼灸治療を入れながら治療していっています。

 

 

症状の程度にもよりますが1週間に1回程度で1~2か月を目安に診ていきます。

 

 

同じような症状で困っている方がもしみえましたら一度ご相談にお越しください!

こんにちは!

ひだか接骨院江南本院の鍼灸師、伊神です。

 

 

まだまだ寒い日が続きますね

油断すると体調を崩すことにも繋がります。

くれぐれも体調管理にはお気を付けくださいね!

 

 

 

さて

今、みえている患者さんで多い症状・・・

 

それがやはり冷えです!

 

しかもこの時期だけ冷えているというわけではなく

 

夏でも冷えてしまう・・・

 

そんな新しいタイプの冷えが最近は増えています!

 

 

今まで多かった冷えといえば

冬場に冷えがきつくなり末端が冷えてしまうといったものでした。

 

新しいタイプの冷え性は先ほども書いた通り夏でも冷えを感じてしまいます。

 

 

それは何故か・・・?

 

 

理由として多いのはエアコンの冷気など今までなかった刺激です。

本来であれば人間、特に日本人の身体は四季に合わせて身体を調節するようにできています。

 

なのに四季はなくなり、快適になっていく中で身体には負担になっているのです。

 

 

 

そのせいで人間誰しもが持っている自律神経が乱れてきてしまいます。

これが冷えを生み出している原因でもあるのです!

 

 

自律神経とは自分が意識して動かすのではなく

自動的に動く神経のことです。

 

 

例えば、心臓を動かしたり、汗をかいたりするなどですね。

 

 

その中で

血管の拡張や、収縮など、血液の流れに関するものは自律神経が調節しているのです。

 

つまり、自律神経が乱れることで血流が悪くなり

自然と冷えやすくもなってしまいます!

 

なので自分がただの冷え性だなと思っている方も

もしかしたら新しいタイプの冷え性かもしれません・・・

こんにちは!

ひだか接骨院江南本院の鍼灸師、伊神です!

 

暖かかったり、寒かったり・・・

なかなか安定しない天気が続きますね・・・

 

そういう天気が続く時期や季節の変わり目はこんな症状気になりませんか・・・?

 

・寝ても疲れが取れない

・めまいや耳鳴りがよくする

・顔や手足だけ汗をかく

・夏でも冷えを感じる

・よく下痢や便秘を繰り返す

 

症状の気になる方・・・

 

もしかしたら・・・

 

自律神経が乱れているかもしれません!

 

 

 

自律神経は鍼灸治療で整います!

 

痛くない鍼と熱くないお灸で

慢性化した症状や身体の内面にアプローチします!

 

特に自律神経を整えることに特化した鍼灸新メニューを作りました!

鍼でツボを狙って刺激するのと特殊なお灸を使い内臓から全身を温めます!

 

身体を温めることで身体はよりリラックスします!

 

症状の原因は人それぞれですが、特に多いのがストレス・・・

 

体質を変えていく、ストレスに強い身体作りをしていきます!

 

 

詳しくはスタッフにお尋ねください!

背骨矯正、骨盤矯正を軸に根本治療をしています


さらに鍼灸治療にも力を入れているひだか接骨院  江南本院です

 

 

こんにちわ、昨日はプロ野球のキャンプインでしたね

 

いよいよこの季節が来たなという感じの大大大の中日ファンの鈴木です

 

 

今年こそは優勝を狙える戦力が整っているので楽しみです。

 

中日のキャンプ地沖縄もかなりの寒さだったようです(笑)

 

 

そこでタイトルにもある冷え性についてお伝えしていきます

 

冷え性とは、体の保温を保つためのエネルギーを運ぶ血流が悪くなることで起こる症状のこと。

 

その冷え性を起こす原因には以下があげられます。

 

 「自律神経の乱れ」/「ストレス」/「ダイエットや偏食による食生活の乱れ」

 「運動不足」/「ホルモンバランスの乱れ」/「低血圧」/「貧血」


 特に、冷えによる症状が出やすいのが手足。

 

末端の手足が冷えるのは、その部分で血液の流れが滞っているのが原因。 

末端冷え性の女性は、血管が細いのが理由と考えられます。

 

 

 

また、冷え性には血管の運動を調節する自律神経が関係しています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが

 

精神的に緊張したときや寒いときなど血管から熱を逃がさないように、

 

交感神経が血管を縮めます。血管が縮むと血流が減りその周囲の温度が下がるもの。

 

すると身体は内臓の温度を維持するために手足の温度を下げて体温調節を行います。

 

以上の流れが、手足の冷え性につながります。

 

さらに、ストレスも大きな原因の一つです。

 

ストレス社会と言われている現代、自律神経が影響を受けて体温調節機能を鈍らせて冷え性を招きやすい状況になりやすい。

 

その他、窮屈な服や下着を着て身体に圧迫をかけることや不規則な食生活も冷え性の要因となります。

 

冷え性解消には、半身浴が最適です。冬でもシャワーで汗を流すだけという方も多いと思いますが、

 

入浴は身体を温めるだけでなく疲れやストレスを解消したり、

 

リラックス効果も大きいので是非毎日の習慣に!

3738℃ぐらいのお湯に胸の下まで浸かり、

 

2030分ゆったり浸かるのがポイント!(*寒い場合は、乾いたタオルを肩にかけて保温しましょう)

 

肩まで浸かる入浴に比べ心臓への負担も軽く身体へのストレスも少ないので

 

体の芯までじんわりと温めることができます。この時アロマオイルやソルト系入浴剤などを入れると

 

リラックス効果や発汗作用もより高まります。


腹巻や湯たんぽを活用することもオススメです。

 

鍼灸治療は自律神経のはたらきを整える効果があり、冷えの体質を改善するのに効果的です。

 

ただ、体質改善というのは魔法のようにすぐ起こるわけではないので、

 

ある程度の期間、治療が必要になりますが、1,2回の治療で冷えを感じにくくなる方も

 

多くいらっしゃいます。

 

その他生活リズム、運動、食生活などもとても大切になります。

 

 

 

 

当院ではこういった日常生活でのアドバイスも行っております。

 

これらを総合して改善することが冷え性改善への近道になります!

ひだか接骨院


愛知県江南市飛高町門野
お怪我の際はお気軽にお越しください

固定ページ