TEL

スポーツでのケガ | 江南市で実績№1の接骨院ならひだか接骨院

お問い合わせはこちら営業時間

スポーツでのケガ

スポーツでのケガとは

スポーツをする上で絶対に避けては通れないのが「ケガ」です。ケガをしない身体作りや予防、トレーニングを行うことが一番の理想なのですが、全てが上手くいくという訳ではございません。いくら予防していても、接触の多いスポーツでしたら、相手との接触により外傷を負ってしまうこともあります。その為、ケガをしないようにすることはもちろん、ケガをしてしまった際にどのような施術を行うかが重要になります。

スポーツで多いケガ

一度で大きな力が加わり発生するケガの事を「スポーツ外傷」と呼び、小さな力が蓄積して溜まって発生するケガの事を「スポーツ障害」と呼びます。

スポーツ外傷はラグビーやアメフトなどの接触の多いスポーツで発生し、骨折や脱臼、捻挫、打撲などを発症します。一方、スポーツ障害は小さな力蓄積して発症するのでアキレス腱炎やランナー膝、疲労骨折などが挙げられます。

施術について

スポーツでのケガの施術には応急処置が非常に重要です。基本的にはRICE処置を行い、その後当院のような専門の整骨院にて施術を受けましょう。